長かったはずなのに、なんだか遊び足りない…

アルバイトや実習で、とにかく忙しかった…

 

2ヶ月間の夏休みの終わりにつぶやく、そんな一言。

 

でも、鹿大生の皆さん、大丈夫です!

今回は、半日で行ける「鹿屋ショートトリップ」をご紹介します!

目指すは、何とも”映え〜”な「ガラスの鳥居」

後期が始まってからでも、お休みにサクッと行けちゃいますよ!

 

1カワイイがギュッと詰まったチョコレートはいかが?

9時30分に出発してから90分。気がつけば時刻は11時に。

鹿屋市に入ったけれど、ちょっとお腹が空いたそんなときに、見つけたのがこちらのお店!

「Chocolate House Cocoro」さん!

レンガ造りの建物に緑のカーテン!

店内もレトロで、おしゃれカワイイ雰囲気です!

ショーケースには、20種類ものトリュフチョコレートがずらり!

お店オリジナルのクレープやソフトクリームを食べることもできます!

店内にぎゅっと詰まった、小さくてキュートなスイーツたち。

とにかくバリエーションが豊富で、「どれにしようか選べない!」そんな心の声が思わず漏れてしまいます😊

 

迷った結果、筆者が購入したのはこちら👇

左から紅茶の「板チョコ」、ミルク味の「ココロッシェ」、「アニマルロリポップ」。

板チョコは紅茶味をチョイス。パッケージを開けた途端、紅茶の香りが広がります。表面にも、紅茶の茶葉がしっかり見えました!

ココロッシェは、焼きココナッツとポン菓子にチョコレートをコーティングしたもの。サクサクとした食感が楽しく、一口でパクッと食べられちゃいます!

そして、一目惚れして買ったアニマルロリポップ。見ているだけで、ほっこりするような幸せをもらえます。甘さが強く、心のゲージも満タンに。

 

これから続く旅のお供として、糖分補給できる甘いチョコレートはいかが?

Chocolate House Cocoro

【住所】鹿屋市寿2-5-20

【営業時間】10:00~19:00

【定休日】火曜日(変更になる場合もあります)

【TEL】0994-36-8864

※2019年9月22日時点の情報です。

2神秘的な美しさに、息を呑む。

いよいよ、昨年にできたばかりの神徳稲荷神社へ!

珍しい“ガラスの鳥居”はSNSで話題になり、筆者は行きたい気持ちを募らせていました。

念願叶って見上げる鳥居。

ガラス越しに差し込む光のプリズムに、神々しい美しさを感じました。

また、参道の赤い鳥居のトンネルは、異世界に通じるようなミステリアスな空間

どこまでも続く鳥居は、私を奥へ、奥へといざないます。

稲荷神社は、千本鳥居で有名な京都府の伏見稲荷大社を総本山としているようです!

 

 

そして、せっかくだからとおみくじも引いてみました!

…しかし、結果は半吉でした…。

 

おみくじといえば、結ぶのが普通ですが、ここでは境内の池に沈めるらしく、私もやってみることに。

ゆっくりと水に溶けゆくおみくじ、蝉の鳴き声、顔に感じるそよ風。

「嫌なことは水に流せ」と言いますが、本当に物理的に水に流すと、心が軽くなるのだなぁと実感!

おみくじが水に溶ける写真から、コマ撮り動画を作りました!

皆さんも心が晴れないときは、この動画を見て、心をすっきりさせてください(笑)!

 

神徳稲荷神社 稲荷霊園

【住所】鹿屋市 新栄町1771-4

【営業時間】9:00~17:00

【TEL】0994-36-0303

※2019年9月22日時点の情報です。

3話題の”アスリート食堂”へ!

無事、神社への参拝を済ませたら、いよいよお昼の時間。

旅行の大きな楽しみといえば、グルメは外せません!

やってきたのは、鹿屋体育大学の近くにある「鹿屋アスリート食堂」さん!

大きなガラス窓から差し込む陽が、開放的な雰囲気を作っています!

なんとこのお店、好きなおかず等を自由に組み合わせることができるんです!

栄養のバランスを考えてヘルシーに選ぶのも良し!

食べたいものを選んで欲張りメニューにしてもよし!

おかずの種類がたくさんあるから、全部制覇するために通いたくなっちゃいます!

 

筆者はこちらを注文!

左上から「小松菜とくるみの白和え」、「おからハンバーグの和風煮込み」、「アス米」、「かぼちゃのスパニッシュオムレツ」、「茄子と玉葱のお味噌汁」。

オムレツのふんわりとした甘さ、おからハンバーグのやわらかさに舌がとろけそう。

どれも優しいお味で重たくないけれど、お腹いっぱいになれる素敵なランチです!

 

ちなみに、今日はガッツリ食べたいという人には、「がっつり定食メニュー」が用意されています!

「お腹が減っていれば大丈夫です!」

店員さんの言葉を信じて注文すると、やってきたのは、直径25cmほどの鍋に入った「アス食カレー」

絶品デカ盛りメニューに認定決定でした😆

鹿屋アスリート食堂 研究開発本部

【住所】鹿屋市 古里町594-1

【営業時間】

〈月〜金〉[ランチ] 11:30〜14:00(ラストオーダー)

   [ディナー]17:30〜22:30(ラストオーダー) 

〈土・祝日〉[ランチ] 11:00〜14:00(ラストオーダー)

  [ディナー]17:30〜22:30(ラストオーダー)

〈日〉[ランチ] 11:00〜14:00(ラストオーダー)

   [ディナー]17:30〜21:30(ラストオーダー)

【定休日】なし

【TEL】0994-46-3480

 

※2019年9月22日時点の情報です。

4フローラルな香りをお家にも!

最後にやってきたのは、色とりどりの花々に囲まれた「ダマスクの風」さん!

(ダマスクとは、バラの女王「ダマスクローズ」のことだとか。)

店内に入って飛び込んでくるのは、天井一面に敷き詰められたドライフラワー

フローラルな香りの中にも、ハーブの爽やかな香りが感じられます!

お店では、庭園の植物を使ったポプリやハーバリウム等が販売されていますが、筆者は「センニチコウのファイヤーワークス」という品種のドライフラワーを買ってみました!

濃いピンク色がパッと目を引く、小さいながらも存在感のある可憐なお花です!

「ファイヤーワークス」の名前は、ピンク色の花びらの先に見える黄色の点が花火に似ていることから付けられたそう。

カフェもされているということで、「ダマスクローズのソフトクリーム」も頂きました!

ソフトクリームのなめらかな口どけを味わっていると、ふわっとバラの香りが口の中で広がりました!

その後は、幸せを運ぶハチ「ブルービー」を探しに庭園へ!

お家に花束を飾ることを楽しみに、家路につきました!

ダマスクの風

【住所】鹿屋市 小薄町4994-2

【営業時間】09:00~17:00

〈フリータイム〉10:00~16:30(ラストオーダー16:00)

【定休日】不定休(年末年始・職員研修・台風等)

【TEL】0994-46-5627

※2019年9月22日時点の情報です。

鹿屋市までのルート

今回筆者は、高速道路を利用し、鹿屋市まで向かいました。

薩摩吉田ICから鹿屋市までは、90分ほどで到着しました。

旅行プランを立てる上での参考にしてください。

 

薩摩吉田IC→加治木JCTで東九州自動車道に入る→鹿屋串良JCT(片道1130円※)

 

※普通車でETC、土日割引利用の場合。掲載している料金は、2019年9月22日現在のものです。2019年10月1日からは、消費税率の引き上げに伴い、高速道路料金に消費税率引上げ分が上乗せされます。

旅行って、遠くに出かけることをイメージしがち。

でも、日帰り旅行にたくさん出かけても、思い出はたくさん増えるはず!

 

きれいな景色を見て、美味しいグルメを食べて、素敵な香りに包まれて…

体全身で楽しめる場所は、意外と近くにもあるかもしれません!

 

だんだんと涼しくなるこれからの季節。

皆さんはどこに出かけますか?

 

もっと大隅半島を楽しみたい方は、こちらもチェック👇

☆おまけの一枚☆


筆者が引いたおみくじ。「事にあたって差し障りがあり」の一言に、何だか胸が痛みました。明日から、真面目に生きよう…。

おすすめの記事