こんにちは!

親譲りの収集癖、ふじきょーです。

先日、KADAI INFOでこの記事が更新されました。

 

 

みなさん読みましたか?

読んでないっていうそこのあなた!この記事を読んだあとに読んでくださいませ。

この筆者...流行についていけない!!アタラシイノワカンナイ...

こんな堂々と言うことでもないですけど笑

でも...ひとつ言わせてください!!

というわけで!

この筆者が今まで”収集”してきたCDから、

このアーティストは今でも十分古くない!

神様のようなアーティストを紹介させてください!

 

っとその前に、筆者のコレクション紹介!(誰得)

筆者が高校生の時から集めてきたCDたち!

 

コレクション。これはまだごく一部。この10倍ぐらいある。

 

あれ?と思ったあなた!

違和感を感じるのも無理はないですよね!

これ、普通のCDよりちっちゃいんです!

 

上が一般的なCD,下がシングルCD。シングルは再生する時に専用のカートリッジが必要な場合がある。

 

いわゆる「シングルCD」ってやつです!

筆者の地元では安くで売っていたんです!

 

21円って安すぎでしょ。コレクションしやすすぎる。

 

筆者的には「形としても残したい」という想いから、

CDを買い集めるようになりました!

筆者は元々、「生まれる時代間違えたな」とか思ってたんですが、

現在こういうCDが安くで手に入って、得してるなと最近思うようになりました笑

 

みなさんも、実家とか探したら見つかるかも??

そんなことはさておいて...

 

さてさて、本題に戻りましょう。

 

 

1.B'z

ジャケ写がいちいちかっこいい。

 

まあ、B'zは有名ですよね!

筆者一番の推しです!

やっぱり、「Ultra Soul」のイメージは強い!

でも一昔前のB’zって、少し曲の感じが違ったりして、ハマるかも!

 

筆者オススメ曲は「もう一度キスしたかった」です!

 

イン・ザ・ライフは「Risky」と並んで筆者の中で神アルバム扱い。

 

B'zのバラード最高なんですよ...

サビの転調がかっこよすぎる!

ちなみに...

もちろんB'zの最新のアルバムは筆者はすでに入手済みです!!

 

初回限定盤、Tシャツつきを買ったお。

 

B'zは令和になっても勢いが落ちることを知りませんね!!

 

2.WANDS

アルバムに入ってて、聞いた事ある曲しか入ってないのに買っちゃうシングル。(値札剥がしてない)

 

このあたりから知らない人も多くなってきます!

未知との遭遇!!ぜひ聞いてほしいです!

「SLAM DUNK」の「世界が終わるまでは...

なら知ってる人多いかもですよね!

少し雰囲気がB'zっぽい感じです!

そしてボーカルの上杉さん、めちゃめちゃイケメンなんだな~...

筆者が高校生の時、上杉さんが好きすぎて描いた絵...

筆者、高校生の頃からめちゃめちゃ絵描いてました。懐かしい...

 

おすすめ曲は「Little Bit...」です!

 

このアルバムの中の「君に戻れない」もかなりの名曲。

優しい歌声とコード進行...

筆者はこれをループで聞きながら寝ます笑

 

3.ZARD

坂井泉水さん美人だなぁ...

 

ZARDといえば、「負けないで」かな??

24時間テレビの印象が強いですよね!

アニメ好きな人は、

「SLAM DUNK」の「マイ フレンド」とか、

「ドラゴンボールGT」の「Don’t you see!」とかも知ってるかも!

ZARDの曲はとにかくが似合う!!

筆者的には女性アーティストの中でトップクラスの歌唱力だと思っています!

 

おすすめ曲は「揺れる想い」!

 

これは実家にあったCD。めちゃめちゃ状態がよかった。

 

歌詞が青春そのもの!!

ポカリスエットのCM曲だったというのもあり、

ポカリスエットが飲みたくなる魔法にかかってしまいます...

なんとなんと、ポカリスエットの新CMで復活したそうで!!

あれ...??目から何か水が...??(号泣)

 

4.DEEN

親世代には有名曲ばかりかも。

 

透明感のある声!青春な歌詞!

「ドラゴンボールGT」の「ひとりじゃない」や

「名探偵コナン」の「君がいない夏」や、

こちらもポカリスエットのCMの「瞳そらさないで

など、自分たちの親世代かそれより少し若いぐらいの方に言ったら

高確率で通じます!

おすすめ曲は「このまま君だけを奪い去りたい」!

 

プラスチックケース入りで状態がいい。

 

歌詞の一つ一つの表現が美しい!!

男性が歌ったら女性は奪い去られたくなるんじゃないかって、

内心信じてます...(筆者は奪い去ったことなんてないです)

 

みなさんいかがでしたか?

この世代のアーティストはすごい人達ばっかり!

あとは利点として、上の世代の人と話すときのネタになったり!

(これめっちゃ武器にしてます!)

現代では新しいものを、新しいものを、とばかりに囚われてませんか??

年号が変わって新しい時代の訪れとともに、

あえて「逆流」してみるという選択肢もありではないでしょうか!

おすすめの記事