待ち時間というものは、長く感じるようにプログラミングされているのです。(諸説あり)
そして、鹿児島大学の学生である皆さんは、日々大学の周りの信号に待たされ、その度に頭を抱えていることでしょう。
あの長い待ち時間の信号のせいで遅刻をしてしまうのではないか、と私は思うのです。

あの信号たちが一体何秒で変わるのか気になったことはありませんか???
僕は気になって仕方がないので、調べておきました。
ぜひ参考にしてください。

※車線の信号が青になってから、横断歩道の信号が青になるまでの時間を調べました。

※信号が変わる時間は正確ではないので、あくまでも参考程度に

 

・からあげ本舗前

タイム
1回目 1分3秒
2回目 57秒
3回目 1分26秒
4回目 1分13秒
5回目 1分13秒
平均 1分10秒

考察

おそらく鹿大生の通行量No. 1の信号です。
授業のある日の朝は人が多いこと多いこと。
信号が変わらなすぎて「おいおい兄ちゃん、ちゃんとボタン押したんかい?」となりがちですね。
体感では3分くらい変わらないと思っていましたが、1分30秒以内には信号は変わるということがわかりました。

時間にばらつきがあったためここだけ5回調査しました。
平均タイムは1分10秒(小数点以下切り捨て)

 

・農学部正門前

タイム
1回目 2分10秒
2回目 2分8秒
3回目 2分7秒
平均 2分8秒

考察

おそらく農学部の学生しか使わないであろう押しボタン式信号。
なかなか変わらないで有名な信号の1つ。
平均タイムは2分8秒(小数点以下切り捨て)
2分10秒前後で信号が変わることは間違いないでしょう。

それにしても長いです。個人的に2度と使うことはないでしょう。

 

・上荒田タイヨー前

タイム
1回目 35秒
2回目 34秒
3回目 30秒
平均 33秒

考察

上荒田に住んでる人と農学部と馬術部くらいしか使わないであろう押しボタン式信号。

タイムは35秒以内に変わることは間違いないでしょう。この信号は歩行者からしたら有能です。

 

・交通局前

タイム
1回目 1分50秒
2回目 1分18秒
3回目 1分
平均 1分16秒

考察

マクドナルドとジョイフルという「鹿大生神経衰弱難易度レベル1」の集会所へ繋がる信号。

市電の出入りがあるため、信号の変わる時間が一定ではなかったですが、2分以内に青に変わるというのは間違いないでしょう。

 

・唐湊電停前

タイム
1回目 45秒
2回目 42秒
3回目 43秒
平均 43秒

考察

押しボタン式なのに、変わる時間が短い貴重な信号。
信号待ちの間に市電を乗り逃すという悲しい経験をしなくても良いとてもありがたい信号です。

タイムは45秒前後です。

それにしても市電はなぜあんなに遅いのでしょうかね。

 

・工学部前

タイム
1回目 52秒
2回目 50秒
3回目 50秒
平均 50秒

考察

朝は唐湊陸橋からわらわらと鹿大生が降り来てます。
タイムは50秒くらいです。意外と早く変わります。

朝降りて来ているということは、夕方は登っていくということですね。唐湊は大変です。

 

・川商ハウスの交差点

タイム
1回目 56秒
2回目 57秒
3回目 1分3秒
平均 1分2秒

考察

ここも地味に使います。地味に。

タイムは1分前後。割とすぐ変わってくれるのはありがたいですね。

 

・図書館と教育学部の間のところ

タイム
1回目 47秒
2回目 44秒
3回目 51秒
平均 47秒

考察

教育学部の方に行ったり来たりするための押しボタン式信号
タイムは50秒前後。早く変わるのでありがたい限りです。

遅刻の心配はなさそうです。

 

最後に

個人的に使わない信号の考察が雑ですね。反省です。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

おすすめの記事